スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

サークルメニュー

投稿するにはログインする必要があります。

投稿(ブログ/つぶやき)

  • 松下律
    読者の皆様へ、 長きに亘ってお読みいただきましたこのコラムですが、このたび終了とすることとなりました。 皆様のこれまでのご厚誼に感謝いたします。 ありがとうございました。 松下拝
    • 松下律
      この株価水準を積極的に買うべきだ、とはなかなか言えませんが、大きく下げる局面があれば、買い場でしょう、とか、来年に向けて変動度の高さと銘柄によってはバブル化を期待できるものもあるかもしれませんね、ということは言えるのではないかと思います。
      • 松下律
        筋の悪い悪材料を見ながら、本格化する第3四半期の企業業績のチェックと、ヘッジファンドの売り、来年の株式譲渡税率引き上げを見てのいわゆる税金対策売り、などの出方を見ておくべき局面なのでしょうね。
        コメントする 2013/10/14 23:36
        • 松下律
          アメリカ議会の対立は、他国から見ればコップの中の嵐にすぎないわけですが、この手の材料は買い方から見ても売り方から見ても「筋が悪い」の一言でしょうね。しかし、推移を見守るしかありませんね。
          コメントする 2013/10/14 23:35
          • 松下律
            ところで、この間過去の新聞記事のスクラップを見ていましたら、「今年も11月下旬の突飛高があるか?」というタイトルの記事を見つけました。10月、11月と相場下落があって、底固めの後に突飛高、というのはけっこうあるパターンなのでしょう。今年がどうなるか分かりませんが、下げのあとには上げがある、といった余裕の目で見ておきたいものですね。
            コメントする 2013/10/07 23:58
            • 松下律
              今の悪材料は、ほぼすべて「米国の国会の混乱」です。悪材料としてはあまり筋がよくない感じですね。この手の悪材料だけでは暴落はなかなか起きないでしょう。何か予想外の悪材料が出て来るといいのに、というのが今の売り方の希望でしょうね。
              コメントする 2013/10/07 23:40
              • 松下律
                今のところ、10月、11月で合計2000円以上の幅の下落を『期待』していますが、個々の銘柄で言えば、そろそろ下値を拾う、といった感覚で見るべきものも増えて来そうではあります。
                コメントする 2013/10/07 23:38
                • 松下律
                  今日の時点で日経平均は、直近の高値から約1000円の下落です。「大幅な下落」を期待、ということからしますと、まだ半分以下の下げ幅だな、となるわけですが、さてここからどうなりますか。
                  • 松下律
                    10月~11月に大幅下げの局面があれば、まず「シメタ」となると思います。(そこが買い場になるからです。)その後相場が順調に回復すれば、買い方が勢いをつけて行くでしょうから、さらに「シメタ」となる展開でしょう。成功するかどうかまだ分からないアベノミクスですが、前政権のアンチ資本主義政治から脱却できるかもしれない、というのはありがたいことです。
                    • 松下律
                      もちろん、消費税増税による景気への悪影響とか、海外情勢、特に中国、といった懸念材料が満載ですので、注意深く進む必要はあるかと思いますが、相場というものはいったん火がついて儲けた参加者が増えてくれば、とにかく行くところまで行く、となるはずです。妥当水準は日経平均で1万3千円かそこらだろうと思いますが、3千円とか5千円上振れする、などは相場では簡単でしょう。
                      コメントする 2013/09/29 15:33

                      もっと見る

                      株式あれやこれや 株の談話室

                      株式あれやこれや 株の談話室

                      サークル
                      オフィシャル
                      誰でもフォロー可