スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    南フランス、コートダジュールといえば避暑地を連想しますが、山中には鷲の巣村と呼ばれる中世から変わらぬ姿をした小さな村々があります。サラセン人の侵入を避けて厳しい山中に逃げ、絶壁に村を作って守ったようです。
    石坂と石段で作られた路地は外部の侵入を避けるためのようです。人々は今も中世と変わらぬ風景の中で生活しています。

    トウーレット・シュール・ルーもそんな村のひとつです。
    石造りの路地で、お年寄りが買い物袋を提げて、石段を上って来ます。ゆっくり、ゆっくり。そして石段に腰をかけて一休み。そう、時間はたっぷりあるのです。ゆったりとした時間が路地を流れています。
    私たちは、何を急いでいるのでしょう。
    コメント1件を表示する 2005/10/13 08:12

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可