スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    霧が峰のヒュッテ・ジャベルで4日間に渡って、「霧が峰・山の会」が開催されました。昼間は山や高原のワンデリング、夜は山梨県立文学館の近藤信行さんの「昭和10年に霧が峰に集まった人たち」の話、早稲田大学の沖野外輝夫さんの「八ヶ岳山系の水」の話、長野県自然保護センターの三井健一さんの「霧が峰の植物」の話をうかがったり、夜中まで参加者が「私の山」について語り合いました。
    4日間、あいにくの雨と霧でしたが、昼時には諏訪から懇意の蕎麦屋産が来てくれて、蕎麦をうってくれるなど、楽しい時間でした。
    猿嘘さんがヒュッテ・ジャベルの看板の写真を撮っておられたとは奇遇ですね。猿嘘さんの山のお話をご紹介ください。今年はニッコウキスゲが美しかったようですね。
    霧が峰はもう晩秋の風景、まもなく半年間の静かな高原に戻ってゆきます。
    コメント2件を表示する 2005/10/19 10:42

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可