スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    四国に引田という小さな町があります。昔から醤油の産地として栄えた町です。細道を歩くと、町屋の影から醤油の匂いが漂ってくるのです。
    いいものですね。
    町それぞれ、道を歩いているとそれぞれの匂いがあるものです。
    お茶を炒る匂いが漂う町。パンを焼く匂いが漂う町。花の香りのする町。ラーメンの匂いがする町。それぞれ、ときには懐かしく、ときにはロマンチックであり、ときには空腹を感じさせる。
    そして必ずしもいい匂いだけが、心に残るのではないのです。
    少年時代に遊んでいた農家の牛小屋のにおいや道端のドクダミのにおい・・・それらも私にとって懐かしい風景の一部です。
    皆さんの町には、どんな匂いが漂っていますか。
    どんな匂いの記憶がありますか。
    視覚の風景だけでなく、匂いの風景、音の風景なども心に残る風景ですね。
    コメント9件を表示する 2006/01/29 10:06

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可