スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    ちまき、ご存知の笹の葉で三角形に包んだおいしい食べ物です。所によって作り方はいろいろあって変化に富んでいますが、もち米に鶏肉、椎茸などいれてチャーハン風に味付けされた物が一番好きです。
    海岸の松林の下生である笹竹の葉に最近このような現象が数多く見られます。チマキそっくりで、知らない人が見たら何だろう?と思うことでしょう。かく言う私も知らなかったので、自慢にはなりません。これはハマキフクログモ(葉巻袋蜘蛛)の仕業だそうで、毎年この季節に産卵の為イネ科植物の葉を曲げて巣を作り孵化するまで1ヶ月間こもるといわれます。
    歯で葉に折り目を付け曲げやすくしますが、その葉は絶対に枯れないという妙技の持ち主だそうで自然とは神秘ですね。皆さんの所でも見つけられるかもしれません。
    コメント10件を表示する 2006/07/19 12:47

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可