スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    妻籠宿の本陣は、島崎藤村の母の生家でもありました。そして明治への時代の変革の中で、本陣最後の当主となったのも、島崎家の養子となった藤村の次兄であったという。藤村の父が当主であった馬籠宿本陣の方も当然、妻籠宿と同じ運命であったわけで、そうした没落して行く名家の有様が小説「夜明け前」に描かれているわけです。スケッチしていても、屋敷の屋内の暗さは、夏の陽の明るさと対照的に闇が深いような気がしました・・
    コメント1件を表示する 2006/08/05 10:28

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可