スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    さくら(勝手に命名)成長写真をご覧頂き
    有り難うございました。

    誕生61日目の今日どんな発見があるか楽しみに行ってみると
    丹頂親子はケージに入れられていました。

    幸い関係者とお話することが出来ましたのでお尋ねしてみると
    国の指示により今後はケージの中での飼育だそうです。
    (丹頂は国の特別天然記念物なので管理は環境庁と文化庁にあるそうです。)
    大きな理由は風切羽根が生え揃うと(生後75日目頃)
    飛び立つ恐れがあるのでその少し前よりケージに・・・とのことでした。
    ついでに2〜3教えて頂きました。
    少し長くなりますが


    ①、羽根が綺麗に真っ白に変わるには1年かかり
      風切羽根がはえ揃うと風切羽根には血液が流れなくなり
      飛ぶことが出来るようになる。
      ただし、風切羽根は3年目には抜け落ちて
      成長と全く同じ羽根が生える。


    ②、丹頂は他の鳥のように雌雄区別がなく殆ど同じです。
      その見分け方は専門家は鳴き声で見分けられるが
      一般には血液検査で行う。
      ちなみに
      鳴き声の違いは♀は短く「カォッ」♂は少し長めに「カォ〜」


    Orcaさん ごめんなさい。
    丹頂が大人になったとみなされる「丹」が出来始めるのは
    1年ではなく、2年目から見え始めるそうです。
    先日の返信、間違っていました。


    ケージの近くまで行き写真を撮ろうとしましたが
    ピントがケージに合ってしまい上手くいきませんでした。
    今後ケージから出すことは殆どないそうですが
    (野外行動調査も昨年暮れから新春にかけて10年ぶりにしているので
    期待は出来そうにもありません。)
    時々は様子を見に行こうと思っています。


    ケージの近くで見かけたハグロトンボ(?)です。
    コメント5件を表示する 2006/08/16 04:14

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可