スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    干潟でとぼけた顔をしたハゼの仲間でよく知られた魚
    彼らは昼間は水の中よりも陸に居る方が好きなようです。
    とぼけた顔を撮りたくて炎天下の干潟に両膝、両肘をついてはいつくばり周りの景色に同化して、彼らが安心して巣穴から出てくるのを待ち続け、2時間かけて撮りました。
    汗が滝のように噴出し、目に入ってくるのには閉口しました。
    コメント6件を表示する 2006/08/25 03:25

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可