スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  • 兵庫県朝来市の段が峰周辺で風力発電事業が計画されています、高さ130メートルの風車を22基、尾根つたいに並べるこの計画は無謀な計画であり大きな自然破壊です、この地は天然記念物のイヌワシやクマタカの生息地であり多様な渡り鳥の径留地でもあります。世界中で風力発電によるバードストライクが問題になっている中明確にイヌワシの生息地になっているこの地に計画が強引に進められている現状は絶対容認できません。地元市長は業者がやる事業だからと知って知らぬふり、業者は北海道のクリーンエナジーですが環境調査とは名ばかりのおざなり調査でそ知らぬ顔、何十億円単位の補助金目当ての工事計画です。補助金を出す国の役人も現地調査もせず調査会社にまかせきりです、われわれの血税をこのような自然破壊に使用させてはなりません、天然自然は一度壊されると二度と元には戻せません、地球温暖化は人間が自然破壊を繰りかえしてきたために起きた現象です温暖化を防止するクリーンエネルギーを旗印に無謀な工事を進めようとする、国の施策に憤りを感じます、どうか皆さんこの計画に反対しご協力をいただきますようお願いします。
    コメント1件を表示する 2006/09/26 09:17

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可