スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    5年前から、国の天然記念物である和泉葛城山のブナ林の保全活動に参加しています。

    先日2ヶ月ぶりに定例活動参加しました。
    ブナの種子の採集をしました。

    今年は数年ぶりの小豊作年か?たくさん実を付けた樹がかなりあります。
    そんな樹の下に設置された採種用の大きなネットトラップを廻って回収しました。

    ネットの中に積もった落ち葉を除去すると殻斗と種子が思ったより多くありました。

    採取した種子の多くは、虫食いか生育不全です。水に漬けると浮きます。水に沈む種子は一応「健全種」ですが1%くらいです。発芽するのはそれの又数%かもしれません。

    十数年に一回大豊作の年があり、虫も喰いきれないので健全種率が上がります。ブナの戦略、知恵だといわれています。

    今年の種から苗が育って、数年後に山に植えることができればいいなと思います。
    コメント2件を表示する 2006/11/06 05:02

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可