スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  • 日本製紙とレンゴー・住商との提携も含め、にわかに製紙業界のMAがらみが大きく動き出しました。400円で購入した東海パルプ株は1年越しで依然保有しております。先日の中間業績と通期の見通しも悪く株価も大きく売られ、塩漬け覚悟でしたが、本日両社の経営統合の発表があり、株価は急に動意づきました。
    今回の経営統合により、東海パルプの価値はかなり向上するのでしょうか?一旦戻りで損切り額を少なく処分するか、
    それとも大株主に三菱商事が保有しているようですので、今後更に再編の可能性を期待して保持していた方が面白いでしょうか?長期で持つのは一向にかまわないのですが。松下先生の見通しをお聞かせ下さい。
    やはり、最終的には製紙業界は、王子G対日本製紙Gとの2強に収斂されるのでしょうか?商事の動きが再編にどう加担するのか楽しみですが。
    コメント1件を表示する 2006/11/21 05:55

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可