スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    初冬の先日、奈良の春日奥山を原風景研究会の仲間と散策しました。志賀直哉の瀟洒な旧居がたたずみ、その奥の山道を落ち葉を踏みしめて歩く心地よい一日でした。その散策の中で気に入ったお寺に白毫寺(びゃくごうじ)がありました。このお寺は、天智天皇の皇子の志貴親王の山荘跡と伝えられるように末香くさくない貴族的な雰囲気の境内でした。尚、白毫とは、お釈迦様の額にある白くて丸い巻き毛のことだそうです。ろじけん
    コメントする 2006/12/09 04:26

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可