スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    東京都町田市に白洲正子の旧宅「武相荘」があります。
    周辺部は、今ではすっかり住宅地や商業地になっていますが、敷地内には今でも武蔵野の面影を残すナラやクヌギの雑木林がありました。
    茅葺農家風の建物と山荘風の建物が、いい雰囲気です。

    夫、白洲次郎は当初から太平洋の意味のなさや敗戦を予測して、この地に移住し、農業に従事しました。
    敗戦後吉田茂に請われてGHQとの折衝に当たり、日本国憲法成立にかかわりましたが、生涯在野を貫いた骨太の人です。
    また白洲正子は、かくれた日本の風景や歴史、文化を探し歩き、「かくれ里」「近江山河抄」「私の古寺巡礼」などのエッセイの執筆活動をしてきました。
    娘さんの牧山桂子氏の言葉によると、二人は趣味(ホビー)は異なるが、趣味(テイスト)は共通していたとのことです。

    そんな夫婦にふさわしい、華美さのない、センスのいい旧宅でした。
    「ぶあいそう」というのも、ユーモアのある面白い名前ですね。
    コメント4件を表示する 2006/12/11 12:47

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可