スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    先日後楽園の芝焼があるというのでその前の岡山城をざっと見てきました。地元岡山県に居ながら一度も天主の昇っていないので一度は見てみたいと思い行きました。岡山城は備前・邑久の砥石城で生まれ備前覇者となった宇喜多直家が、岡山の地・石山の城にいた金光宗高を亡ぼして城郭を拡張し入城したのは天正元年(1573)であった。それまでは玉松城(金川城)の松田氏に属する小城に過ぎなかったが、直家はこの城を本拠として城下町の運営に着手し、岡山の繁栄の基礎をつくった。
    直家の子秀家は、豊臣秀吉の殊遇を受け、直家の所領である備前、美作のほかに備中の内の高梁川以東をも加え、57万石を超える大領主となった。 ここにおいて秀吉の意見に従い、石山の東に本丸を移して城郭の拡張整備を行い、慶長2年(1597)、3層6階の天守閣が落成するにおよんだ。これがこの地に豪壮きわまりない石垣と内堀を残す岡山城・本丸であって、さらに西南の平地に二の丸、三の丸などの城域を画し、近世城下町の骨格が出来上がったのである。
     宇喜多秀家は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いに西軍最大の17000の大軍を率いて出陣、一敗地に塗れて八丈島に流された。その後小早川秀秋が筑前・名島から移って岡山城主となったが、在城わずか2年余りで急死し、後継者がいなかったのでこの家は断絶した。そのあと姫路城主・池田輝政の子、池田忠継に備前一国28万石を与えられ岡山城に入り、後に鳥取から国替えで池田光政が31万5千石で岡山城主になって以後池田氏の時代が続き明治維新におよんだ。

    三重六層の外観は昔の天守閣と変わりません。現在の姿の岡山城は宇喜多秀家の築城により、織田信長の安土城をモデル
    岡山城は色々の石組みの石垣があり今度ゆっくりと見てみたいと思わせる白でした。
    歴代城主は宇喜多家が直家、秀家2代で28年この時57万石を超える大大名だったようです。宇喜多家は関が原の戦いで西軍に付いて破れ後に小早川秀秋が入城するも2年あまりで急死、姫路城主池田輝政の子忠継が継ぎ28万石を与えられる後に鳥取から国替えで池田光政が31万5千石で岡山城主になって以後池田氏の時代が続き明治維新におよんだ(岡山城のH.Pより)
    写真は正面から見た岡山城(別名、烏城、金鳥城)
    コメント6件を表示する 2007/02/15 12:53

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可