スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    奈良に春を告げる行事、東大寺二月堂のお水取り。
    修二会と呼ばれるこの行事、最初は旧暦の2月1日から行われていましたが現在は3月1日から14日まで毎日行われています。
    二月堂の本尊、11面観音に人々に代わって罪のざんげと国家の安泰、万民の豊楽を祈る行事です・・・3月12日には境内の若狭井から観音様にお供えする水(お香水、おこうずいと読みます)をくみ上げる儀式が行われます。
    この行を勤める連行衆の道明かりとしてお松明と呼ばれる長さ8メートルの松明を童子と呼ばれる方が担ぎ先導します・・・
    連行衆が堂内に入ると松明は舞台を駆け回り皆さんの良く見る松明の行事になっています・・・
    3月12日の松明が一番盛大でこの日が一番の混雑になります。
    昨日は10本の松明が二月堂の舞台を駆け回りました・・・。
    コメント6件を表示する 2007/03/10 11:40

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可