スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    世界に千二百羽しか居ないといわれるトキ科の冬の渡り鳥、環境省の絶滅危惧種となっているクロツラヘラサギ一羽が宮崎市の加江田川河口で確認されました。新聞に報道され確認に行ってきました。連日夏日が続く県内に本来ならとっくに繁殖地に戻っているはずの冬鳥の姿が見られるのは非常に珍しいとのことです。元気でした。
    コメント7件を表示する 2007/05/11 06:19

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可