スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    ふうらいぼうさんたちと一緒に近江の観音寺山にある観音正寺を訪ねました。
    西国三十三箇所の三十二番め、厳しい石段を上り詰めると、眼下には、蒲生野が広がっています。
    額田女王や中兄皇子や大海皇子が狩や紫の花を摘んで野遊びをした、あの「蒲生野」です。

    「茜さす 紫野行き しめ野ゆき 野守は見ずや 君が袖振る」

    今は平野全体が、一面の水で、空の光を反射し、田植えを終えた田んぼは青みを含みはじめ、まもなく麦刈りが始まる麦畑は麦秋の金色に輝いています。
    水の色、苗の緑、麦秋の金色、瑞穂の国のすばらしい風景です。

    コメント12件を表示する 2007/05/22 01:24

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可