スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    孵化は5/20頃と報道されていたので
    ワクワクしながら23日行ってみました。
    1羽が座ったままでまだ温めていました。
    何となくもう1羽の様子が違うなぁ〜と思いながら
    しばらく見ていると
    下草などを刈り取り丹頂の環境整備のボランティアをしている地元の方が来られて
    「関係者も今日ぐらいだろう・・・とカメラを備えて待っていたけれど午前中でかえってよ。2〜3日前に建築現場の大きな音と大きなクレーン車を怖がってまるまる1日卵を放棄して逃げていたことがあったからなぁ」と情報を教えてくれました。
    丹頂にとっては大事件だったでしょう。


    孵化が迫っているこの時期に、関係者が何人かいるはずの部屋に人気がないようにも見えました。
    「無精卵なのでは?」と今、とてもいやぁな予感がしています。
    無精卵と分かっても親鳥の体調のため
    ある程度の日数、卵は抱えさせておくそうです。
    まる1日卵を放棄したことで孵化が遅れていると思いたいです。

    コメント8件を表示する 2007/05/25 02:37

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可