スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    近江の栗東市にある金勝山(こんしょうじ)山中にある狛坂磨崖仏を拝顔させてもらいました。6月の初旬の今日は、初夏を思わせる太陽が照りつけ、緑葉は萌え、山登りには最適の日でした。磨崖仏は約6メートル×4メートルの巨大岩に彫り込んだ仏群像です。奈良末期に新羅系の渡来人が彫ったという説が有力です。石文化が花咲いたこの地ですから、さもありなんという気がします。山のあっちこっちに石仏が岩に彫り込まれています。きつい勾配の山道ですが、清々した気持ちを体一杯に感じることができました。
    コメント3件を表示する 2007/06/04 09:57

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可