スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草


    散歩道の西河原公園と元茨木緑地公園にオリーブの木があり、6月初旬に白い小さな花が咲いていました。
    今日実がなっているのを見つけ、カメラを取りに帰り写してきました。
    先日Slownetの方から、オリーブオイルとニンニクで作る
    アホエンを教えていただき、毎日小さじ1杯程度を食しています。効果の程は未だ分かりませんが暫くは試そうと思っています。
    アホエンの効果
    1.記憶力アップ
     アホエンは、脳を若返らせ記憶力がアップする。
    2.血液・血管をきれいにする
     アホエンは、コレステロールや尿酸を減らして、血液をきれいにする。痛風の原因となる尿酸が減るので、痛風の予防にもなる。また、動脈硬化を引き起こす活性酸素を減らして、動脈硬化を防いでくれる。
    3.ガン予防
     アホエンは、ガンの発生を抑える働きがある。
    そのほかに、現在研究中の効果として、血栓防止、肝臓保護作用、強心作用、脳卒中予防、抗炎症作用、抗菌作用、HIV感染予防、ぜんそく予防などの効果があるといわれている。

    アホエンとは
    1.生のにんにくには含まれていない
     にんにくに含まれるアリシンを加熱するとアホエンに変化する。
    2.無臭
     アホエンは無臭である。
    3.熱に弱い
     アホエンは、100度以上で壊れる。
    4.脂溶性
     アホエンは脂溶性なので、油と一緒に調理するとよい。ただし、市販のガーリックオイルは高温で処理されているので、アホエンはほとんど含まれていない。

    アホエンオイルの作り方
    1.にんにく2片を細かく刻む。
    2.植物油(オリーブオイル、コメ油など)100ccを耐熱グラスに入れて水を張ったなべで湯煎する。
    3.油が温まったら刻んだにんにくを入れて火を止める。
    4.さめるまで待つ。余熱でアホエンに変化する。
    5.残ったにんにくをこす。

    アホエンオイルの使い方
    1.1日に小さじ1杯程度を摂る。
    2.料理の仕上げにかける。100度以上で壊れるので、調理中に入れない。
    3.保存は冷暗所で1ヶ月。


                                   
    コメント1件を表示する 2007/07/08 02:40

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要