スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    歴史ある街を歩いていて気づくことのひとつに、トンネル状の石壁をよく通ることになります。言うまでもなく、外敵に備えたものが今も多く残されています。営々と人々は、状況に合わせて生活していることが分かるのです。血なまぐさい歴史の延長線上に、生きてきたのです。歴史が教えてくれるものは確かに大きい、しかし時を忘れて人生を謳歌することも大切です。時に人を閉ざしてしまうこのトンネルを、人は何事もなく行き来きしている。

    コメント4件を表示する 2007/09/09 06:06

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可