スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    金沢の散策にもどります。
    尾崎神社は、寛永20年(1643)に幕府から東照大権現の勧請を許された加賀4代藩主・前田光高が金沢城北ノ丸に東照三所大権現社として建立したのが始まりです。明治7年に神仏分離を受け、尾崎神社と改称しました。建立当初は徳川家の葵の紋が随所にちりばめられた十数棟にも及ぶ社殿を誇っており、「金沢城の江戸」「北陸の日光」と呼ばれ崇められていたと言われていますが、現在その面影は数少ない葵の御紋にわずかに感じられるのみです。拝殿や神門は朱塗りで、灯篭なども含め歴史を感じさせるたたずまいです。中でも本殿の戸に掘り込まれている葵の御紋は朱の溢れる中で一際青く、美しさを感じさせます。昭和25年には本殿・拝殿及び幣殿、附厨子・中門・透塀等が重要文化財に指定されました
    コメント2件を表示する 2007/09/16 11:36

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可