スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    飼育していたモンキアゲハの蛹がやっと羽化しました。
    6月23日に蛹化していますからゆうに3ヶ月ぶりです。
    夏の猛暑時期には食草の芽も硬くなり、新しい芽も伸びていませんが、秋になり涼しくなって新たな芽が再び伸び始めた時期を見計らって、羽化したものと思われます。自然の摂理とはいえ、素晴らしいメカニズムです。これから卵を産み育った幼虫は蛹となって越冬するのではないでしょうか。

    仕事から帰ってきた時にはもう羽化しておりました。
    表からは特徴の白い紋は見えません。
    コメント3件を表示する 2007/09/27 11:41

    《野鳥と原生林を守りたい》のイメージ

    《野鳥と原生林を守りたい》

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可