スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    選句してください。A、B、Cから各三句ずつお願いします。
    選句結果につきましては、こちらからのコメントは控えさせていただきます。作句者はこれらの選句によって、ご自分の句が客観的にどう共有されているか、の判断材料にしていただければ幸いです。原則、同一作者単位で、三句、六句、十句単位で掲載していく予定です。


    A
    1.如月の空一面に碧き星
    2.海に向く庇に干した目刺かな  ○○○○○
    3.母の忌や母の愛でたる梅飾る
    4.旅遠く残りの花に逢うことも   ○○○
    5.宿泊と決めた湯宿の藪椿   ○
    6.傷跡の軽い痛みや春の闇  ○○○
    7.弾みける水音響き春隣り   ○○
    8.鳥の舞う空の煌き春立ちぬ  ○
    9.幼子とおとぎ話の炬燵かな  ○○○
    10.柊を挿し大凶の節明ける  ○
    B
    1.打ち解けて遍路も雑魚寝船の旅  ○○○○○
    2.早春の妻籠発ちて馬籠宿    ○○
    3.悴むやかろがろ母のお骨揚げ   ○
    4.窓月の白みましたる二月かな   ○○
    5.吟声の船まで届け寒稽古     ○○
    6.車座に囲炉裏かこみて夜を明かす  ○○
    7.うららかや漂ふてゐる盥舟     ○○
    8.高原の廻る風車や光る風    ○
    9.陽炎のなかにはしれど何もなし  ○○
    10.違い棚脇には雪見障子かな
    C
    1.焼き蛤磯の香りの濃き旨み    ○
    2.立春の空の煌き光舞う     ○○
    3.七福神梅の香りの福賜う    ○
    4.二ン月のひとり物憂き窓辺かな  ○○○
    5.春寒の駅で手招く献血車     ○○○○
    6.縁側で船漕ぐ母や春日向    ○○○
    7.薄氷の漂うあたり波静か     ○○
    8.雪とけて川に音ある真昼かな   ○○
    9.福寿草咲いて思い出ほろ苦し
    10春の雪舗道はすでに轍跡    ○


    昇峰選 A 2、4、7、B 1、6、7、C 5、6、7、です。
    A2 雪消水のほとばしりを見るようです
    B1 遍路と船旅の取合せに意外性を感じました
    C7 薄氷を良くとらえています
    コメント7件を表示する 2008/02/13 06:58

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可