スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


     西宮市六甲山の裾野近くに在る、越木岩神社は由緒正しさと、伝説にも似た逸話が有ります。

     説明の寄ると、摂津の国の一大霊場で、天然記念物の森におおわれた霊験あらたかな神社です。創立不詳といわれるぐらい由緒深く、甑岩を霊岩とし今なお全国的に信仰を集めています。

     また、古式信仰の磐境(いわさか)磐座(いわくら)祭祀と呼ばれ学術上貴重とされています。今を去る千年前の延喜式神名帳に大国主西神社として記録されています。

     正保年間(1644年頃)に社殿が再建され、明暦二年八月十六日(1656年)に円満寺の教順僧侶が「福神」の総本社西宮神社より蛭子大神を勧進し、蛭子大神宮と称しました。

     以後数回社殿は修復されましたが、現在の見事な片削破風流造のご本殿は昭和十一年に、また、拝殿は昭和五十八年に御造営になったものであります。
    コメント11件を表示する 2008/02/27 12:15

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可