スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    自転車が一台、やっと通れる程度の幅の路地に入り込みました。
    自転車と行き違うには、壁に背中をつけて、すり抜けなければなりません。
    壁の一方は黄色く塗られ、屋根の下は赤く塗られていました。
    もう一方は、石の感触が伝わってきそうな粗い石壁です。
    そして道は石畳。
    青空から路地に落ちる壁の陰は強く路地の石畳に映っています。
    路地は細ければ細いほど、人と人の距離が近く、いいものですね。
    壁や窓は路地の風景を楽しませてくれますね。
    そして忘れてはいけないのが人影ですね。
    コメント1件を表示する 2008/03/01 09:20

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可