スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:コーヒータイム


    皆さん、おはようございます。
    今日は梅雨の中休みで晴れ渡りそうです。


    この出来事は過日私が出くわした出来事です。
    常磐緩行線の新松戸駅での出来事です。
    私の駅は新松戸駅から一駅下った
    北小金駅と言う所です。


    1番線で電車待ちをしていた処、反対の
    2番線で突然ギャ-と言う声が聞こえたので
    飛んでいくと一人の男性がホ-ム-から
    線路に落ち血を流して倒れていました、
    同時に二人の男性が線路に飛び降りて
    救助を始めた処でした。
    この儘では3人共危険に曝されるので
    ホ-ム-上の私はその場を動けないため
    近くにいた若い御婦人に10m程先の
    鉄柱に設置してある列車非常停止ボタンを
    押すよう大声で依頼と同時に付近にいた方に
    駅事務所に行き事故報告と救急車の
    手配を大声で依頼しました。
    この間も救助活動を続けていましたが
    この状態の時は落ちた方は物凄く重たいです。
    救助して階段脇で安静にしていたら
    今度は先程迄、電車を待っていた1番線で妙齢の
    御婦人が口から泡を吹き倒れこみました。
    駆けつけると2人の男女が手当てをしていました。
    その方は医療関係の方と名乗ったので
    お任せしました。
    駅員も担架を持って来たので事後を託し
    運転抑止も解除され電車が来たので
    乗車し帰宅しました。
    家に帰り手を見たら落ちた方の血が付いていました。

    ここで反省がありました、駅事務所に行かれた方に
    必ず、ここに戻って戴く様言う事が必要でした。
    そうしないと行かれたのか何も言わずに
    帰られたのか分らないので必ず戻るように
    言う必要がありました。


    同時刻に二人の方が受難されましたが二度と
    遭遇したくない出来事でした。



    コメント5件を表示する 2008/06/07 09:52

    コーヒータイムのイメージ

    コーヒータイム

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可