スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草


    同志社大明徳館の大教室で開催された冷泉為人
    (ためひと)氏の「冷泉家の歴史と文化」講演会を
    聞きに行きました。冷泉家当主として著名な方で、
    表立った歴史とともに、当事者としての裏話も
    聞けるだろうとの期待もありました。


    冷泉家の初代、為相(ためすけ)は藤原為家が
    後妻・阿仏尼との間に出来た三男で、年老いて
    からの子可愛さからか、一旦長男に譲った所領、
    定家・俊成などの歌集を為相に譲るよう譲渡書を
    書き換えたため、為家の死後長男との間で係争事件
    になり、阿仏尼は鎌倉幕府へ訴訟のため、旅を
    します。その旅日記が「十六夜日記」であるとは
    高校の授業で習った記憶がありますが、その話しが
    ここへ結びつくのかと得心しました。



    コメント5件を表示する 2008/07/03 12:56

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要