スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:世界の路地


    の都の学校博物館へ行った帰りに、裏通りを歩いていました。
    町屋に暖簾がかかっていました。
    なに屋さんだろう。
    よく見ると、「きせる屋」さん。
    このあたりでは今も、こんな商売が成り立っているのですね。
    そういえば、以前映画監督が書いた「京都の路地」という本に、きせるの修理屋さんがあるということを読んだことがありました。

    京都にはまだまだ多様な商売があるようです。
    コメント6件を表示する 2008/08/03 08:53

    世界の路地 のイメージ

    世界の路地

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可