スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


     毎年、三重県熊野市七里御浜海岸で大花火大会が行われています。今年も8/17(日)に行われ、好天に恵まれ約15万人の見物客で海岸の浜を埋めました。私も前日から熊野に行き、当日獅子岩近くの撮影ポイントで見物して来ました。
     三百余年の伝統を誇る、熊野大花火大会の起源は、お盆の初精霊供養に簡単な花火を打ち上げ、その花火の火の粉で灯籠焼を行ったのが始まりといわれています。
     時代とともに花火の規模が拡大しても本来の目的である初精霊供養の要素は消える事が無く、現在の花火大会でも、初精霊供養の灯籠焼きや追善供養の打ち上げ花火を打ち上げた後に打上玉数10、000発の仕掛け花火が打ち上げられます。海上の大型観光船から花火見物もされるようになり、熊野大花火は全国的に有名になりました。
    ① 花火会場である七里御浜海岸は、「日本の渚百選」にも選ばれた、美しい海岸です
    ② 獅子岩を前景にスターマインと三尺玉海上自爆(直径600mに広がる半円形の美しさ)
    ③ 獅子岩を前景にスターマインと海上自爆
    ④ 鬼ヶ城大仕掛け第一弾(色彩千輪―夢幻(ゆめまぼろし)
    ⑤ 鬼ヶ城大仕掛け第二弾(波濤(はとう)の響き 小波(さざなみ)の舞
      鬼ヶ城という岩場や洞窟を利用しての仕掛花火、爆発した花火は扇状に開き、観客の体に響きわたります。

    コメント8件を表示する 2008/08/20 11:48

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可