スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  • 以前、日本株が理に反して下落する理由は外国人投資家が他の市場での損を補うため日本株を手放すためで、彼らが日本市場から去り株保有率が下がれば市場は安定に向かう、と理解していました。しかしもっと重要な要因は日本人自身の市場への参加が低調であることのようですね。日本人の経済に対する習慣なのか、政治が悪いからなのか、世界最大の債権国家で日本の魅力が見直されるときが来る、といわれながらも未だその気配は感じられません。どうなのでしょうか。
    コメント4件を表示する 2008/12/07 09:08

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可