スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    紅葉の季節が終わり、雑木林も鉄さび色になってきました。
    いま山里で、色の残るものは、柿の実だけです。
    丹波路を歩くと、丹波は柿の産地ではありませんが、山すその民家の庭や蔵のそばに、よく柿が植えられています。
    白壁の蔵に寄り添うように立つ柿の色が、蔵の白壁によく似合います。
    夕暮れ近い時刻には、柿の実の色が夕陽に映えて、より深みを増し、柿の枝が白壁に影を落としています。
    自分のふるさとでなくとも、懐かしく感じられる風景です。
    こうして丹後の季節は、一日一日冬に向かってゆきます。
    コメント15件を表示する 2008/12/15 06:00

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可