スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    サークル句会のみなさん、こんにちは。サークル句会の投句、選句にたいへんお疲れさまでした。投句18名の皆さんから選句をいただきました。最高点は特選6点を含む11点のみきさんの句で、満遍なく票を集めました。


    最高点11点(◎◎◎◎◎◎○○○○○)
      16.京菓子の春立つ色となりにけり     みき
    5点(○○○○○)
      1.和え物の一品増ゆる春厨         風花
      29.囀りの塊となる一樹かな        昇峰
    4点(◎◎○○)
      34.島島は未だ還らず鳥雲に        泥舟
      (◎○○○)
      14.雁風呂や煙は浪に乗りゆけり    しょうく
      25.古書店の匂ひより出て春の風      昇峰
      (○○○○)
      8.絵馬札の重ね重ねや春の雪        利明
      11.折り紙の折り目ただしく雛人形    夢追人
      18.暮れ六つの鐘に始まる猫の恋      昇峰
      51.強東風や早仕舞いする七味売り   コーヒー
      57.花ミモザ雨のしずくの黄に染まり   mira
    3点(◎◎○)
      32.残雪や左やま道右ゑちご        利明
      (◎○○)
      20.啓蟄の蟄の虫の字蠢けり      しょうく
      (○○○)
      13.かたくりの花木漏れ日の城跡に      雪
      73.頬なでる癖いつからか猫柳     コーヒー
    2点(◎○)
      42.反り橋を潜りてゆきぬ雛かな      利明
      43.反るもあり伸びきるもあり白子干し しょうく
      (○○)
      6.生きにくき世にも情あり花菜雨     mira
      15.旧道の寄木細工や春の旅        みき
      28.冴返る慈眼彫る鑿迷ひなく       利明
      52.出揃ひし蕗の雌花や武家屋敷    TOTORO
      67.ふるさとへ続く街道桃の花     TOTORO
      78.目薬の効能書や目借時         泥舟
      80.木目浮く仁王の凛々と春浅し      毛呂
      85.家内中巡りて終に春の風邪      夢想人
    1点(◎)
      12.御ん句碑の日当るところ雪解水     毛呂
      61.一刷毛の空こぼれたり犬ふぐり     無一
      66.プリズムの春日折り曲げ掌へ      毛呂
      (○)
      4.雨樋に入ったり出たり雀の子     コーヒー
      5.雨上がり万蕾爆ずる薄紅梅        利明
      27.子の去りし部屋に木目込み雛人形  まいるど
      33.芝居引け金春通り春の雪        みき
      35.春月やデキシーランドジャズを聞く   泥舟
      38.白子干しその目にはなし海の色   しょうく
      40.推敲の一字厳しき返り寒        麦秋
      45.蛇行する鯉の背鰭や水温む       泥舟
      48.ちりめんのお手玉縫いぬ雛用意      雪
      49.通学路カバンの跳ねて水温む   チビタンク
      56.鉢返吹きゐる僧や残る雪        苦瓜
      60.ひとときの春をかもめと過ごしけり   無一
      62.雛客の中に一人の男の子       夢追人
      68.墳丘を抱く走り根落椿       TOTORO
      69.便箋を破りては捨て春の風邪    まいるど
      74.ほつほつと咲きては落ちる八重椿  コーヒー
      82.ものの芽や三月十日慰霊の日     夢追人
      83.路地裏に豆腐のラッパ春の雪      風花
      86.東風の来て山の鳥達庭木去る     夢想人
      90.一輪の椿茶室を引立てり       夢追人
    無点
      2.鮮やかに命を燃やし緋寒桜
      3.跡継ぎの孫と老師はお白酒
      7.慰霊塔平和に生きて蜆汁
      9.尾根伝ふ送電線や風光る
      10.想い千々枝それぞれに春の雪
      17.草餅の蔵せし青き山河かな
      19.軍功のありや墓域の木の芽張る
      21.啓蟄の道にマネキン寝かさるる
      22.啓蟄や衆生居並ぶ撫で仏
      23.啓蟄や隣も起こすお節介
      24.献眼の顕彰の碑や春の色
      26.東風吹きぬ渦巻くごとき支線駅
      30.残雪に忌辰を訪うや馬飼家
      31.残雪の杖つきながら上醍醐
      36.春泥を飛び越す子等の通学路
      37.春風や妹の縄短くす
      39.新発意の白き素足や冴返る
      41.蒼海に浮かぶヨットや春の夢
      44.竹笊にみどり滴る蕗の薹
      46.立ち雛の簡素が宜し桃の花
      47.地を突く田面のすずめ草萌る
      50.椿咲き水子の墓を照らしゐる
      53.友眠る生駒のふもと春いずこ
      54.何もなき昭和を思い雛しまう
      55.弾み来るサッカーボール花薺
      58.春の手にほろと崩れるくそかづら
    コメント18件を表示する 2009/03/11 10:06

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可