スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    選句結果をまとめましたので、ご高覧ください。最高点には夢追人さんの「千枚の」でした。8点のうち、7点が特選ですから、文句なしの秀句と言えそうです。


    最高点 8点句(◎◎◎◎◎◎◎○)
      53.千枚の春田に千の水鏡        夢追人

    7点句(◎◎◎○○○○)
      82.一言がいつも多くて春嵐        昇峰
    5点句(◎○○○○)
      55.ただならぬ朱鷺の賓客風光る      毛呂
      110.渡り了へ初蝶にあふかずら橋     苦瓜
       (○○○○○)
      17.陽炎や居並ぶ亀の長き首        昇峰
      35.囀りや大和坐りの観世音        利明
    4点句(◎◎○○)
      5.一病を友とも為して葱坊主        麦秋
      23.キャラメルの箱を開くればげんげ草    雪
       (◎○○○)
      66.野に遊ぶ嬰児一歩二歩三歩      夢追人
      100.山独活の泥まで香る太さかな     昇峰
       (○○○○)
      3.あやとりを忘れちまって鶯餅       雪
      61.踏青や若駒の追ふ千切れ雲     まいるど
      83.吹いてみる子らの飽きたるしゃぼん玉  無一
      95.水温む仕付け糸抜く借衣裳       泥舟
    3点句(○○○)
      1.揚雲雀南に海の見えるはず      コーヒー
      10.梅が香や微笑み返す伎芸天       利明
      70.初桜このひとときの恋心       mira
    2点句(◎○)
      12.老いと云ふ馴染めぬ言葉目刺食う    毛呂
      44.紫木蓮涙で送ってくれし母     コーヒー
      96.嬰児の頬ふっくらと竹の秋      mira
       (○○)
      4.板張の屯田兵舎木の芽雨        麦秋
      7.一心に的を射る日や春寒し       風花
      9.初産の無事の報せや春うらら    akachan
      13.大皿に残る一つの桜餅         みき
      47.春灯や無人の駅の風ぐるま       無一
      57.賜りし忍者の里の蓬餅         麦秋
      58.蒲公英やハングライダー空に舞う   mira
      74.春うらら同じ笑顔の焼人形       みき
      81.久々に遍路半ばと兄便り        風花
      93.満天に二月の星座露天風呂      たもつ
    1点句(◎)
      2.アネモネの咲いて故里母も亡し    まいるど
      14.幼子の澄みし眼や水温む        風花
       (○)
      11.宇和海の夕照眩し伊予蜜柑       利明
      16.陽炎に地球は歪む自覚なく       昇峰
      19.歌舞伎座はさよなら公演草の餅     利明
      25.ぐい呑みに来し方浮かべ独活囓る チビタンク
      29.草餅や抱え持ちたる広辞苑       みき
      30.暮れるでもなく溶けていく夕霞     無一
      32.子供より親が着飾り卒業式    panapana
      34.小藪から途切れ転びつ初音かな  チビタンク
      36.岬鼻に立つや初蝶日和なる     TOTORO
      38.三月や土に木の実が根をおろし   コーヒー
      39.三春やほとけの耳も長く伸び     みすず
      41.山頂は花うながしの雨催ひ     TOTORO
      42.爺と児の盆に飾りし紙ひいな      毛呂
      48.春眠不覚暁モカ珈琲           雪
      49.正直な犬よのどかな顔をして     みすず
      50.消灯の闇に浮きたる梅明かり      みき
      60.東京を縫いしマラソン春うらら    みすず
      62.外つ国の人に供える草の餅    panapana
      64.鳥雲に賑はひみせる朝の市       泥舟
      73.春灯暖簾の外は雨模様         泥舟
      77.春の月妻の背中を抱き見る       泥舟
      80.春めくや浮世絵のみの展示会      みき
      84.プードルの足ぱらぱらと陽炎へり  まいるど
      85.冬の宿客を迎へる大太鼓       たもつ
      87.碧落や風にたおやぐ雪柳      TOTORO
      90.ポニーテール大きく揺れて春嵐    mira
      92.ままごとの嘘はメルヘン桜餅     麦秋
      94.見送らる事なき辞職沈丁花      麦秋
      97.棟上げの合図の様に春の蝶      苦瓜
      98.目隠しの手を引かるるや大石忌    泥舟
      104.悠然と信号渡る春の猫     panapana
      107.霾ぐもり通天閣の高さかな      苦瓜
      108.別れても出逢い煌く四月かな     毛呂

    無点句
      6.一升餅背負い挑戦春の庭
      8.入江なる碧の海よ初燕
      15.帰り来む我が世の春と言えるなら
      18.かの地でのジャパン称へる春の空
      20.亀鳴くや竜宮城の跡に来て
      21.落葉松の木の根開くや遠野郷
      22.木のベンチ尻で割り込む花見かな
      24.悔いに似て突然の雪少女を濡らす
      26.食う物みな猫に嗅がせ蓬餅
      27.草朧色は匂へと散り積る
      28.草餅で祝う女房の誕生日
      31.古河公方花桃盛り風強し
      33.この辺は花が遅いと山茱萸へ
      37.桜餅頬張って巫女袴腰
      40.残雪や前には白根背に浅間
      43.潮の香につと降りたつや無人駅
      45.春塵に顎で刃向かうショベルカー
      46.春耕や雨水溜まりて揺らぐ波
      51.雪林を抜けて日矢射す岩木山
      52.選抜の球児に春の光かな
      54.空高く樹氷と遊ぶ蔵王かな
      56.立ち雛位置はここよと決めており
      59.父と子のキャッチボールや野に遊ぶ
      63.突然の激しき思い雪の夜
      65.人情のいったりきたり水温む
      67.野焼焔や正造翁の炎立つ
      68.霾天の夕日漁舟の三角帆
      69.爆心地皆の心に下萌ゆる
      71.初蝶や翅きらめかせ風つかむ
      72.花桃の盛りにねむる古河公方
      75.春風の地蔵を磨く白い布
      76.春の海神々の踊り軽やかに
      78.春場所の外人さんの出稼ぎや
      79.春場所のたたんころころ跳ね太鼓
      86.降る雪にストーブ列車走る里
      88.ぺんぺん草わらべごころの甦る
      89.頬杖に路地の日溜まり目借時
      91.盆梅の三百年といふ樹齢
      99.もぐら塚数えて笑ひ青き踏む
      101.山笑ふ雄岳雌岳が抱き合う手
      102.闇染る眠らぬ街の灯の朧
      103.柔らかき悔悟のごとき春の雪
      105.雪の華道に咲きをり桃の花
      106.行き行きて出湯の里のげんげかな
      109.渡良瀬や田中正造野焼の火


    誤記、訂正箇所がありましたら、お知らせください。よろしくお願いします。
    コメント23件を表示する 2009/03/26 08:08

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可