スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    6月下旬のサークル句会を開かせていただきます。今回の参加者は、23名115句です。例月の通り、特選1句を含めて6句を選出してください。よろしくお願い申し上げます。


    01.青蛙必死で飛べる道の幅
    02.青梅雨のあまさず落とす空の色
    03.明易し並ぶ道後の一番湯
    04.紫陽花にかくれているのは誰ですか
    05.紫陽花の茂りに参道狭くなり
    06.紫陽花の道にこぼれて手毬唄
    07.紫陽花や白を貫くものもあり
    08.紫陽花や背戸の小路にあふれける
    09.紫陽花やまほろば塾の賑はへり
    10.畦道にやかん鎮座す麦の秋
    11.油照石の狸は尾を垂らし
    12.雨蛙一匹の声四方まで
    13.雨蛙砂丘はやはり動かさる
    14.雨蛙チューブから出すみどり色
    15.あめんぼう遊びほうけて流される
    16.池水は清みて開園花菖蒲
    17.一枚の画布に真夏の風走る
    18.動かねば何も変はらず冷奴 
    19.羅を着て出る街のよそよそし
    20.器にも妻のこだわり冷奴
    21.SLの渡る余部さみだるる
    22.炎天や身の置き所なき風見鶏
    23.押入れに黴の香微か北の宿
    24.親子孫三連水車花菖蒲
    25.快音の轟くところ青田風
    26.姦しき雨宿りする夏燕
    27.風募る川の畔や花菖蒲
    28.風は樹の高みに睦ぶ揚羽蝶
    29.風また風海猫啼き交す大間岬
    30.肩上げを下ろして着せる子の浴衣
    31.カラフルな傘梅雨空を押し上げて
    32.からむものなくて昼顔からみあふ
    33.干満の干の川底梅雨旱
    34.君待つと言ひし梁あり鮎光る
    35.吟行の視野の焦点姫女苑
    36.草笛を吹けば夕闇しのびやか
    37.黒揚羽無縁仏を背ラにし
    38.ケアハウス扇子の風を手土産に
    39.稽古着の干されし庭の七変化
    40.鯉泳ぐ生け簀に冷やす水羊羹
    41.この坂を上れば触るる夏の雲
    42.更衣ポケットから出し五円玉
    43.更衣身ごなし軽きクールビズ
    44.歳月の絆は強し鉄線花
    45.最果ての駅に木魂し閑古鳥
    46.坂をきて奥なる里の四葩かな
    47.酒友との便りまどほに冷奴
    48.五月雨や背に冷たき露天風呂
    49.サルビアに朝冷いたる遠浅間
    50.騒ぐものあり今様の祭笛
    51.椎の花香りを掴む太極拳
    52.しばらくは色を愛でゐしさくらんぼ
    53.尺取りの枝を掴みし確さよ
    54.上水の流れ静まり桜桃忌
    55.菖蒲園囲ふ園児の赤帽子
    56.深呼吸鼻膨らませ植田畦
    57.新緑の上をゴンドラひとまたぎ
    58.十薬の白さ浮き立つ雨後の森
    59.睡蓮の水々し母は矢絣で
    60.せつなさに若鮎のごと君を抱く
    61.蝉時雨森鬱蒼と構へけり
    62.剪定の職人に出す心太
    63.船頭の足の踏ん張り大卯波
    64.早朝の風の後先涼しさよ
    65.頼りける杖の一歩や文字摺草
    66.父の日に母も付き合ふ会話かな
    67.父の日の口をつきたる童歌
    68.長考の会心一手団扇風
    69.地を揺する雷のおと術は無し
    70.付きし樹を凌霄かずら超えにけり
    71.月の夜の網戸に架かる蜘蛛の殻
    72.蔦若葉築百年の生家閉づ
    73.燕の子巣立ちゆくまで我が家族
    74.梅雨曇りそこらに夢を捨てに行く
    75.梅雨の家珈琲冷めて猫ソフアー
    76.梅雨冷えや思案の果ての旅衣
    77.梅雨深み復路を断たれ峡の郷
    78.電車また遅延の知らせ梅雨湿り
    79.籐椅子や猫の墓標の幽かなる
    80.豆腐屋の水槽深し冷奴
    81.時の日の体内時計狂ひがち
    82.時の日や夕鐘聞きつパスタ茹で
    83.何処までも父祖の青田や峡の郷
    84.ドクダミに占領されし吾が狭土
    85.床の間に刀二本ある祭りの夜
    86.夏木立昔飛脚の行き来道
    87.夏蝶の気ままを追ひてつんのめり
    88.二年目の琥珀を深む梅酒かな
    89.廃校に残る銅像濃紫陽花
    90.白雨来る枯山水の石の橋
    91.箱根路のあじさい電車夜の顔
    92.走り行く先に紫陽花無住寺
    93.初蛍生命線の青白く
    94.羽抜鶏七曲りして走りゆく
    95.跳ねる君叢に伏し我を待つ
    96.はらと散る白薔薇の名はダイアナ妃
    97.馬鈴薯の花晩節をいかに生く
    98.一人旅聞く声かなし時鳥
    99.響灘今が刈ごろ麦畑
    100.秘め事を高みに結び星祭る
    101.冷奴静かに通す意地もある
    102.古街道七曲がりして花田牛
    103.蛍の夜裏戸を叩く狐かな
    104.万本の紫陽花映す棚田かな
    105.命名の孫の”夢宇”とや天蓋花
    106.盛り上がり波盛り上がり夏の海
    107.梁逃れ鮎昇る先落人の郷
    108.ゆうれいの物言ひたげや手毬花
    109.夕立風出征兵士を送る旗
    110.揺らし見つもひとつ口へさくらんぼ
    111.ライラック香りこぼるる茶席かな
    112.瑠璃鳴くや梅雨の晴れ間はまぶしいと
    113.六月のギヤマン壺は鈍色に
    114.六月や沖縄戦の慰霊の日
    115.病葉や足に纏し裏参道


    なお、転写
    コメント23件を表示する 2009/06/25 07:55

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可