スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    故郷の紀州へ帰りました。
    紀州は紀ノ川、有田川などの河口を除くと、山と海が迫り、平地の少ないところです。
    有田川上流には、「あらぎ島」と呼ばれている棚田があります。
    「島」という名がついていますが、「島」ではなく、蛇行する有田川が巾着状の地形をつくっており、江戸期に、この土地の庄屋が開拓し、棚田を作りました。

    高台から見下ろす棚田風景は、巾着型の美しい姿をしています。
    この棚田が美しいのは、田の形が美しいだけでなく、一枚の休耕田もなく、青田に覆われているからでしょう。
    先人たちが、代々、石垣を積み、畦を直し、水を引き、土を耕してきたからこそ、この美しさが保たれているのでしょう。
    もし耕作をあきらめて、捨てられ、雑草がはびこっていたなら、こんな美しい姿ではなかったでしょう。
    日本の美しい風景を守るということは、そういうことなのでしょう。
    コメント13件を表示する 2009/08/17 05:30

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可