スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    サークル句会をいつもご愛顧いただきありがとうございます。今月も参加者20名、投句100句をいただきました。いずれも健吟の秋の佳句ばかり、行く秋を存分にお楽しみください。
    例月の通り、選句は、特選1句、並選5句の計6句でお願いします。


    01.藍蔵のうだつをあとに帰燕かな
    02.青北風やFAXの訃報無機質に
    03.青すぎる空赤すぎる曼珠沙華
    04.赤き実は秋天に映え艶めきぬ
    05.秋雨や信号渡る盲導犬
    06.秋澄むや深空に星の見ゆるほど
    07.秋茄子悲しきまでに光けり
    08.秋の雨想いの羽根に纏わりぬ
    09.飛鳥路の自転車駆りて秋麗
    10.安達太良の麓の宿の菊膾
    11.穴惑ひ沢山食ふてぐつと入る
    12.あのころのあの人想ふ小望月
    13.一生を千変万化烏瓜
    14.稲穂垂るかって恐竜生きし村
    15.今どきの男は柔し鵙猛る
    16.色鳥や石を眺めて龍安寺
    17.色鳥や山なみ青き甲斐の国
    18.鰯雲端より食むや池の鯉
    19.薄赤き蕎麦の花咲く信濃かな
    20.餌籠に今日はつがひの小鳥来る
    21.御旅所は雲の近くや登高す
    22.音立てむばかりに裂けし通草かな
    23.恩師の絵貼られて新酒並びをり
    24.柿すだれ夕日の色を深めけり
    25.柿たわわ村に一軒なんでも屋
    26.飼ひ猫のまた負け帰る十三夜
    27.壁の染みばかり見てをり達磨の忌
    28.川に落つ木の実の行方知れずなり
    29.歓声の響き幻秋廃校舎
    30.岸壁の母子の別れ渡り鳥
    31.聞き覚えある鳴き声や小鳥来る
    32.菊生けて一人静かに奥座敷
    33.休耕田泡立草のほしいまま
    34.驕慢な華やぎ見せて曼珠沙華
    35.機を逸し逆さ箒に曼珠沙華
    36.草露やめぐる季節の息つかい
    37.草の秋名しらぬ花もしる花も
    38.草を食む牛の背濡れて秋深し
    39.口癖をオームまねたりそぞろ寒
    40.首塚の傾ぎて白き彼岸花
    41.栗一つ残しておりぬ無住寺
    42.月光の足元までも街眠る
    43.けぶる空新米のころ暮れ早し
    44.コーヒーのミルクの渦に月を待つ
    45.工事場の木々の平伏す野分かな
    46.興亡の城垣いまに萩の花
    47.コスモスに遊び上手な風が来て
    48.言の葉のいらぬ二人の良夜かな
    49.木の実熟れいまだ娶らぬ子がひとり
    50.木の実落つタイルの道の異人館
    51.秋刀魚二尾焼いて匂いを裏返す
    52.秋刀魚焼く力道山といふレスラー
    53.潮騒は君の思ひ出菊人形
    54.仕事終え一服のお茶居待月
    55.秋耕のトラクター追ふ鷺の群れ
    56.秋天の千木斜交いに大社かな
    57.秋霖や石の道なる箱根越え
    58.宿坊や旅の終わりのとろろ汁
    59.新米の粒総立ちで炊き上がる
    60.芒原海景に引く夕帳
    61.擂り粉木で吾子とちゃんばらとろろ汁
    62.せせらぎも音を失ふ秋の暮
    63.大木の枝葉揺すりて風すさぶ
    64.秩父史に百姓一揆今年米
    65.月に濡れ明日オープンの記念館
    66.定年や夢は花野を駆けめぐる
    67.都府楼の甃踏む秋思かな
    68.鳥渡る一人の旅の大空に
    69.雪崩るるは滾つ思ひか死者への紅葉
    70.にきたつの船出高きに登りけり
    71.登る坂下る坂にも木の実落つ
    72.はじかみやまだ音立てる焼魚
    73.八朔や栄華を偲ぶ城の跡
    74.八朔や餅食べながら跡継がず
    75.母の忌をことさら虫の鳴きゐたる
    76.半生を指で数へる夜長かな
    77.火伏神祀る集落水澄めり
    78.更待月透明タワーくらくらし
    79.赴任せし埴生の宿の望の月
    80.ふるさとに秋運びくる風の音
    81.豊作を見届け案山子見放され
    82.穂芒の枯れ極まりぬ野辺の道
    83.ポストには誘ひ溢れ神の留守
    84.松江城めぐる棹舟水の秋
    85.みすずには葬列と見ゆ鰯雲
    86.水澄むや山夫の六腑潤して
    87.水引草稲荷の赤き狐かな
    88.名月の残像刻み眠りけり
    89.燃え尽きて燻りの煙曼珠沙華
    90.望月を見ばやと妻に声かけり
    91.もてなしのメモの始めの障子貼り
    92.やうやうに日にち迫りて障子貼る
    93.八千草や苔むしてゐる芭蕉の碑
    94.野望などはなからなくて葛の花
    95.山栗の跳ねて小栗鼠を走らせり
    96.山粧ふシルバー叙情合唱団
    97.止むを待つ旅先出雲秋の雨
    98.夕顔の開ききるまで君を待つ
    99.良き友へ供養の新酒升の塩
    100.連峰の尾根は鋭し三日の月



    尚、表記に間違いや訂正する箇所がありましたら、お知らせいただけると助かります。
    コメント21件を表示する 2009/10/11 08:09

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可