スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    ひこさん こんにちは 
    病室から開放されて、おめでとうございます♪
    野山を歩く絶好の季節ですものね。

    昨日コウヤボウキを見たくて久しぶりに多摩丘陵の尾根道を歩きました。
    途中の沼地にある「マムシに注意」の看板もそろそろ
    気にしなくてもいいかな?と思いましたので・・。

    「高野箒」と書くと地味な花のようなイメージですが、
    実際はリボンでお洒落をした少女のような風情の小さく、可憐な花です。

    万葉集に大伴家持の歌があります。
    「始春(はつはる)の初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手にとるからに ゆらぐ玉の緒」

    玉箒はコウヤボウキの細い枝にガラスの玉を通して作られた箒で、「新春の行事として皇后が蚕部屋を掃いて蚕神を祭り、五穀豊穣を祈った時に使われたものです。」とあります。
    こちらでは探さないと目に付かない程に少ないですが
    関東以西に分布する・・・とありますので、そちらでは
    山へ行けば普通に見られる植物なのでしょうね。

    紅葉するにまだまだですが良い季節の到来で楽しみが
    増えました。


    コメント5件を表示する 2009/10/15 11:41

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可