スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    サークル句会の皆さま、
    今回のご投句、22名、110句の選句結果をまとめました。結果はコメント一覧に掲載してありますので、ご高覧ください。


    01.あかときの鳥と分かつは案山子の死
    02.赤レンガ製糸工場暮の秋
    03.秋さぶや一字一石供養塔
    04.秋の色立ち止まるとき寂しいとき
    05.秋の海少女夕日を揺らしたり
    06.秋深し秩父へんろは数珠をもむ
    07.秋祭鎮守の杜の膨らめり
    08.四阿にたれの眼鏡か秋深し
    09.吾の老いを知らず母逝く秋袷
    10.淡雲をひねもす掃きし芒かな
    11.息つめて掠り筆まで秋ともし
    12.石垣はS字曲線うそ寒し
    13.一日を水槽洗ひ冬隣
    14.いつになくカラス騒ぐや鵙の贄
    15.熟れぬまま落つる木の実の哀しかり
    16.運動会五段円塔立ち上り
    17.枝曲げて鋏軽やか松手入れ
    18.枝豆の飛び出て話弾みけり
    19.奥山の土もみやげの茸かな
    20.鎌倉や蔦紅葉してアフガン犬
    21.蒲の絮飛ぶ頃多し偲ぶこと
    22.画仙紙に落とす墨滴そぞろ寒
    23.合唱の聴こえる校舎野ばらの実
    24.鴨六羽すでに飛び来し三渓園
    25.厠へと廊下伝ひの夜寒かな
    26.菊坂や質屋の軒に吊し柿
    27.茸狩や落せし指輪捜すごと
    28.きまぐれな蝶の重さや散る野菊
    29.胸中に一句育み栗を剥く
    30.今日よりは陶の器に温め酒
    31.魚板打つ紅葉あかりの太子堂
    32.くちなしの花口惜しく咲き乱る
    33.暗闇にスイッチさぐる暮の秋
    34.栗剥きて母に似てきし手と思ふ
    35.下校道蝗散らしつ土手滑り
    36.けらつつき浅間返して日の暮るる
    37.玄関に枯露柿吊す宿場町
    38.黄落の中突き抜けて人過ぎる
    39.古書を売り長夜の闇に消えにけり
    40.骨董に昭和のラジオ秋深む
    41.木の実落つ山の神ふと目を覚ます
    42.木洩れ日の揺れて木の実の落ちにけり
    43.こんなにも揺れる電車で紅葉狩
    44.里に生き心を拾う野菊かな
    45.座布団を重ねて座る夜寒かな
    46.秋刀魚焼く力道山といふレスラー
    47.潮騒の言葉少なに秋思かな
    48.静けくも雨走り行く秋の海
    49.試歩の杖背中を押してゐる小春
    50.縞りすの頬のふくるる暮の秋
    51.集会の半ばを過ぎて温酒
    52.新蕎麦と紹介されて味変はる
    53.新米の香る神前老農夫
    54.水晶の数珠は誰が為秋遍路
    55.熟寝子のひとつため息夜寒かな
    56.澄みし秋白き肌透けしらかんば
    57.青春の燃ゆる思いやピラカンサス
    58.啄木の幣舞橋の十三夜
    59.竹の秀の触るる高さに後の月
    60.訪ねても明かりなき家や後の月
    61.たたかひは終にあらず山紅葉雪崩る
    62.旅先に危篤の電話秋入日
    63.地下街の匂ひ吹きあげ葉鶏頭ど
    64.露寒や撞き手離るる鐘の音
    65.露寒やまたふりかえる離れ猿
    66.手を揉んで身震いひとつ朝の霜
    67.堂塔の礎石埋みて草の花
    68.鳥渡る民話の里の舞台宿
    69.どんぐりの手の中にある半世紀
    70.長き夜をワイングラスの細き足
    71.梨大き青き地球と言ひし人
    72.農神は風のまほろば木の実降る
    73.庭柿の実の熟るるまま落ちるまま
    74.野地蔵の傾ぎ寛ぐ笑栗
    75.登つても芒下つても芒のハイキング
    76.廃園の大観覧車鳥渡る
    77.バスの灯の去りて夜寒の俄なる
    78.はとバスに預くる一日荻の風
    79.華やぎよりやさしさ勝る秋薔薇
    80.貼り替へし障子静かに日を吸へる
    81.日溜まりに家康の墓秋麗
    82.一枝の野菊飾りて夕仕度
    83.ひよつとして路線違へし秋の川
    84.昼告ぐる城山の鐘澄み渡る
    85.風生の墓に木の実の降りやまず
    86.物理学論ずる君や秋深し
    87.振り上ぐる鍬の手触り天高し
    88.降りそそぐ香り大木金木犀
    89.ポケットにザルツブルクの木の実かな
    90.ポケットの木の実半分妹に
    91.ポチの尾のちぎれるばかり秋高し
    92.みぞおちに過去溜めてをり茨の実
    93.三栗の毬を破りて溢れけり
    94.美濃和紙のほつほつ灯り秋の揺れ
    95.むらさきの紅葉くらし我ここに在り
    96.飯事も夕餉を急ぐ秋の暮
    97.めしひ人深き秋思の車椅子
    98.木犀の香を連れ去りし通り雨
    99.痩せ猫の背が見え隠れ草紅葉
    100.大和路や無人の店の柿光る
    101.山伏の護摩焚く岩屋蔦紅葉
    102.敗荷や池に金堂映しけり
    103.夕映えの綾なす沼や鴨渡る
    104.行き違ふ会話の行方そぞろ寒
    105.行く秋や青きドレスのギタリスト
    106.酔いはじむ口は滑らか温め酒
    107.落日に対ふ虹さへ朱はかなし
    108.分去れの路を彩り貴船菊
    109.若者の島に戻りて秋祭
    110.渡り鳥目指せる先は瓢湖かな


    転写や番号の付記、作者名削除の作業段階で、間違い等があるかもしれませんので、ご自分のご投句の確認をよろしくお願い
    コメント23件を表示する 2009/10/26 09:35

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可