スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:サークル句会


    12月サークル句会①を開かせていただきます。今回は、参加者19名、投句95句になりました。体調や介護でなかなか参加できない方もおられますが、また元気に復帰されますよう祈ります。
    選句は、特選一句、入選五句の合計六句をお願いします。


    01.朝粥の土鍋ふつふつ湯気立てり
    02.足湯へと登る小坂の濡れ落葉
    03.アメ横を揉まれて歩く年用意
    04.あるだけの服を纏ひて夜神楽へ
    05.荒れ果てし段々畑お茶の花
    06.いちまいの似顔絵笑ふ年の暮れ
    07.一寸の陽射しに枯野色戻し
    08.イマジンの世界の平和レノンの忌
    09.上もなし下もなき景冬の山
    10.海溢る涙の如し鳥の群れ
    11.鋭角に並びし大根やぐらかな
    12.大公孫樹落葉の海に孤高なる
    13.大枯野鮮やか色の気球浮く
    14.大北風の海よ小島よ大橋よ
    15.大利根の流れゆったり師走かな
    16.幼子の両手に溢る黄の落葉
    17.落ち葉降る鎌倉古道の塔の群れ
    18.落つる鳥翼を拡げ雪に舞ふ
    19.オリオンの宙に熔ゆく夜明け前
    20.海峡を眼下にしたる石蕗の花
    21.帰り来る海鳥の背に雪の舞ふ
    22.囲まれてぬくし市松人形展
    23.風邪気味と厨の妻の茶碗酒
    24.風邪の子に竜宮城の話など
    25.風よりも一歩遅れて散る木の葉
    26.枯野の目空に移せば空枯るる
    27.ガソリンのセルフスタンド寒く立つ
    28.鴨群るるさみしき人の餌やれば
    29.花梨の実ころころ子犬貰らはるる
    30.肝腎の事決めかねて懐手
    31.寒雀ぺちゃくちゃ言うなと受験生
    32.寒燈下念仏講の夜食かな
    33.木から木へ声が飛びをり密柑山
    34.君の星ひとつ置きたるこの聖樹
    35.叢に日屑啄む寒雀
    36.黄落の日比谷公園カレー味
    37.極月の巡業相撲の朝稽古
    38.極月や木偶のお鶴がかぶり振る
    39.極月や初め終わりに繋がりて
    40.子と遊ぶ手袋人形日向ぼこ
    41.子の嫁ぎ奥の間暗き寒さかな
    42.混沌の闇を劈く冬の雷
    43.サ-カスの幟はためく冬の風
    44.探し物して暮れにけり冬至粥
    45.酒好きの根深売にてありし父
    46.誘はれし讃岐饂飩ぞ片時雨
    47.字余りのような人生師走かな
    48.下町に残るなさけや一葉忌
    49.しのびよる嘴太き寒鴉
    50.終電車乗り越し駅の寒さかな
    51.十二月余白の多き日記かな
    52.心象の十人十色の冬の冨士
    53.シンボルのけやき並木や落葉風
    54.咳一つ霜の朝なり聖歌隊
    55.雪嶺の覗く山並み鳶の舞ふ
    56.雑炊が出てお喋りの小休止
    57.高すぎる湯屋の煙突寒雀
    58.旅立ちのインフルエンザ治まらず
    59.眺望の阿蘇山系よ鷹一過
    60.番鴨カメラにポーズとる仕草
    61.月灯りまでも凍らす霜の声
    62.寺跡の畑は冬菜旅の空
    63.東京の雨に始まる雪の夜
    64.塔跡の心礎を分けて石蕗の花
    65.年用意せむと思へど猫を抱く
    66.鳶舞う岸壁叩く冬の涛
    67.兄ちゃんの気を遣ひをる七五三
    68.塗り立ての基地のフェンスや石蕗の花
    69.葱三本抜いてひぐれの畑仕舞
    70.派遣兵頬赤らめし青木の実
    71.貼っていたカイロが浮ぶ洗濯機
    72.初雪は厳しき初便北の国
    73.初雪や白無垢の子の待ち遠し
    74.花遠く海を隔てて鳥帰る
    75.ひさびさの喧騒に居る師走かな
    76.人の名の出てこぬままに日短
    77.踏み入れば枯野に遊ぶ番い鳥
    78.冬木影への字くの字を置きにけり
    79.冬木立ち数枚の葉の残りおり
    80.冬木立幹の露はに仁王立
    81.冬ざれの抜歯のあとの疼きかな
    82.冬ざれやテトラポッドの防波堤
    83.冬めくや内定通知の届く音
    84.無聊をも佳き日にしたる落葉焚
    85.報恩講ユーモア長けたる法話かな
    86.ボサノヴァの流るるシネマ冬の雨
    87.仄香る枯れ菊焚きて七回忌
    88.街角の婦人警官黄手袋
    89.実一つに後事を託し柿葉落つ
    90.雪掻きの音に目覚めて雪を掻く
    91.雪舞へば落ち行くものは鳥の群れなれ
    92.竜の玉縄文の空まろび散る
    93.炉語りに頷きをりぬ人の影
    94.吾が影も映して銀杏落葉かな
    95.我が軒に来訪減りし寒雀



    転写ミス、脱字等がございましたら、お知らせください。
    コメント20件を表示する 2009/12/11 07:03

    サークル句会のイメージ

    サークル句会

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可