スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    宇治川を遡り、その支流田原川上流に分け入ると「宇治田原」の里に着きます。
    四方を深い山に囲まれた盆地は、鉛色の雲の中に見える一点の青空のようです。

    ここは京都、滋賀、奈良の接点のような位置で、山深い古代の十字路でした。
    壬申の乱の後、天智天皇の皇子の志貴皇子は、身の危険を感じてこの地に隠れ住みました。
    後醍醐天皇は、都を逃れ、笠置に向かう途中この山中の道をたどりました。
    本能寺の変の折、堺にいた徳川家康は急を知り、急いでこの山中の道を東にと逃れ、伊勢湾に向かいました。
    「宇治田原」は、「かくれ里」でもありました。
    コメント9件を表示する 2010/01/13 11:38

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可