スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:道草


    埼玉県の女子中学生(15)が1月、日本航空石川高校(石川県輪島市)の推薦入試で輪島市に向かう途中、大雪による列車運休で足止めされながらも、母親と二人で300キロ余りをヒッチハイクして試験会場に辿り着き受験、合格した。
     日本航空石川高の淺川正人副校長は「試験は欠席だと思っていたので本当に驚いた。根性のある生徒。大事に育てていきたい」と目を細めていた。

     生徒は航空自衛隊のパイロットを目指し同校を志望。同校によると1月17日の推薦入試を受ける為、車中泊の予定で前日に埼玉県の自宅を出発。石川県に向かったが16日深夜、新潟県のJR長岡駅で新幹線から乗り換える予定だった夜行列車が大雪で運休に。
     吹雪の中、困惑した母娘はガソリンスタンドなどでトラック運転手らに声を掛け、長岡市から輪島市まで300キロ余りをヒッチハイク。17日午前、試験会場に滑り込んだ。
     新潟県内で乗せてくれたトラック運転手の男性は金沢市までの約束だったが、事情を知り「うちも同い年の受験生の娘がいるから」と高校正門前まで送り届けてくれた。

     入試の作文は偶然にも「私が感動したこと」。
    生徒は運転手に助けられたことや母への感謝の気持を書いた。結果は合格だった。
    高校はトラック運転手を捜し出し連絡。
    運転手は「ああ、良かった」と心から喜んでいる様子だったという。


    ※最近の暗いニュースが多い中、こんな素晴らしい親子、人情あるトラック運転手もいるんだ(^^)v。

    コメント8件を表示する 2010/02/11 09:07

    道草のイメージ

    道草

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要