スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    古代における港として日本三津と言われる場所があります。
    三重県の津、長崎県の口之津、そして鹿児島県の坊の津です。坊の津は初期の遣隋使や遣唐使が発着した港で、古代の姿を最も良く残していると思います。いわば古代大陸文明を直接受け入れた港です。また港そのものも古代の原風景のままです。唐招提寺の開祖「鑑真」も此処に上陸しました。現在は漁港、漁船は近代化されて居ます。この薩摩半島南岸を走る国道226号線沿いにはあちこち「密輸船・不審船注意」の看板があります。写真は現在の坊の津です。
    コメント6件を表示する 2010/07/18 03:32

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可