スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)



    単身赴任で東京勤務していた頃、新幹線で大阪に戻るときに、関ヶ原を過ぎて伊吹山が見えてくると、関西に近づいたという気分になり、さらに近江平野の伸びやかな三上山が前方に見えはじめると、言い知れぬ安堵感に包まれたものです。
    これは私だけでなく、おそらく関西人共通の心情なのかもしれません。
    古代には、関ヶ原の不破の関の東が関東であり、西が関西であり、伊吹山の麓は東国と近畿の境でした。
    古来、畿内人にとって、伊吹山の向こうは、不安な異国だったのでしょう。
    そんな気持ちが、現在人の遺伝子の中に組み込まれているのかもしれません。

    コメント6件を表示する 2010/10/18 12:28

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可