スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:車が好き


    トヨタ博物館主催。神宮外苑銀杏祭りの絵画館前で開催された、クラシックカー・フェスティバルに行ってきました。此処は会社が地元でしたので、今更写真は撮りませんでした。

    銀杏のほうは若い方と年輩者が、人数的には上手く釣り合いが取れていたようです。子連れの若いカップルも多く、並木道に沿ったレストラン「青山セラン」はテラスが大混雑。
    今年の黄葉はごくフツーと言う感じです。
    車の会場は年輩者が多い。皆さん盛んに写真を撮っていましたが後で見て分かるのかな?知らない方には良くて骨董品、もしくはただの古車でしょうね?

    特定の車クラブ主宰では無いため、オーナー同士が顔見知りでは無さそう。みなさん何時もと勝手が違うのか少し寂しそう。オーナーも若い方はほとんどいません。

    意外と人気があったのはランボルギーニ・カウンタック(私は好みでないが)とトヨタが持ち込んだ1937年型ビューイック、これは戦時中に改造した木炭車。
    トランクに釜を積んでいます。懐かしい、珍しいで大人気。
    TVクルーと観客が多く写真が撮れませんでした。
    釜を焚くと、焼き芋屋みたいな臭いと煙が凄い!でも懐かしい思い出ではなさそうです。

    一般参加車はドッキリするような車はありません。私も見たか、車によっては乗った事があります。よく知っているのは1950年代以降の車ですが。
    写真の車は1937年型ジャガーですが、セダンでフロント・ウインドウが開くのは面白い。スライディングでは無いが屋根も開く。

    昔私が持っていたMG-TDは、フロント・ウインドウが前に倒せました。もっとも風が凄くて、ゴーグルが必要。昔でも普段すると「馬鹿っぽい」ので一回試しただけです。
    当時のオースチンヒーレーはウインドウの傾斜が、調節出来たので格好が良い。此れは素晴らしいコンディションの100Sが来ていました。
    コメント9件を表示する 2010/11/29 11:38

    車が好きのイメージ

    車が好き

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可