スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:車が好き


    27日にディラーでプリウス受け取り。なんとドアーの開閉から発進まで手順を教わらないといけないとは…、これまでとは違うぞ、とつくづく感じ入る。
    メーターもまったく違う世界で、今までは車の情報だったのが自分の運転そのものが数値化される。
    後方の視界は上下に2分割され、視野も狭いが、大ぶりのドアミラーでカバーすることになる。
    ディラーでの一通りのセレモニー(?)が終わって、いざ公道へ。これまでは4WDのカルディアだったが、静粛性は別次元のレベル。道路のデコボコも角が取れたコトンコトンという感じ。ボディ剛性に不安があったが感覚的にはしっかり感があってちょっと安心。
    メーターディスプレイはモードが数通りあって、どれを選ぼうか走りながらも悩む。
    普通の発進はモーターで、比較的流れの速い道路では流れに乗る加速にエンジンが介入、これがスムーズでなかなかパワフル。流れに乗ってアクセルを緩めるとモーター走行に。この時はリッター40キロ表示。このエンジンのオンオフこそがテクノロジーなんだろうなぁと、ふと思う。これまでと大きな違いはブレーキのフィーリング。非常に浅いところから効き出すので慣れるまで急停車しそうだった。回生ブレーキとのことだが、まあいろいろあったから、ちょっと神経質になってしまう。アクセルオフで充電、ブレーキでフル充電。
    もうひとつ大きな違いのひとつに今まではシフトレバーであったが、シフトスイッチとでも言うのだろうか。機械式から電子スイッッチに変わったようなもの。したがってシフトダウンではなくブレーキスイッチで減速する。シフトダウンでの追い越し加速は無しで、加速はモーターとガソリンエンジンの共同作業だ。
    デザインと同様、内装もちょっと新しさはあるものの高級感はほどほど。
    自宅までの一般道だけの帰路の燃費は17キロ。これからエコで頑張るぞ!という気にさせられる。
    横滑り防止やドア上のエアバッグが標準で、ここがインサイトと違うところ。えらいぞ!
    近いうちにちょっと距離を走ろうかな。早く平均燃費20キロを達成しなきゃ。
    思わぬプリウス効果があった。飛ばし屋の息子がモニター見ながらエコ運転を極めると言い、運転ががらりと変わった。ドライバー世界観も変えるスゴイ車だと思う。
    コメント4件を表示する 2011/02/02 12:06

    車が好きのイメージ

    車が好き

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可