スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  • 大震災・原発事故・円高

    ○混乱の一週間
     マグニチュード9.0という巨大地震とその後の大津波によるかつてない程の規模の被害、津波によって引き起こされた福島原発の重大事故、予想外の急激な円高など、この一週間の日本株相場はまさに大波乱でした。

    先週一週間の指数の下落率は、

    日経平均     -10%
    ジャスダック平均 -11%
    マザーズ指数   -12%

    となっています。水曜日、木曜日、金曜日と3日連続で各指数とも陽線(寄付きより引けが高い)となっており、暴落から急速に戻りつつあることは確かです。

     これだけの大震災ですから、日本経済への悪影響を織り込んで株価が下押すのは致し方ないところですが、今回の大暴落、特に火曜日の暴落の原因は福島原発の重大事故にあったと見ることが重要です。

     逆に言えば原発事故の問題が解決に向かえば、冷静に今回の震災が日本経済に及ぼす影響を織り込んだ水準に、株価は収束するだろうと見ることが可能だと思います。今回の震災の被害を20兆円超の規模と見ますと、わが国のGDPの5%内外、それを織り込むとすれば、日経平均で5〜10%弱は地相場が低下しても致し方なし、というところでしょう。日経平均9000円内外、あるいは9000円台がそうした水準となるのかもしれません。

     原発事故の復旧作業は今現在進行中であり、どのように解決するか不透明要因が多いのですが、自衛隊、消防庁による決死の消火作業(本当に頭が下がります)東電による外部電源の確保などが奏功すれば、最悪の事態は回避されると期待することはできると思います。原発の状況は絶えず注視しておく必要があります。原発事故が収束に向けて動きが確実となれば、日本株が急回復する可能性もあるでしょう。個別銘柄で見れば、相当な反発を見るものも多く出るでしょう。 

    ○円高をどう見るか?
     今回の大災害を受けて「円高・ドル安」が急激に進んだことはかなり違和感のある現象です。「リスク回避で円高」と言われたのですが、そのリスクとは明らかに「日本経済の受けたダメージ、あるいはこれから受ける恐れのある悪影響」がその中身のはずです。そのリスクを回避するのが日本円を買うことだ、というのは明らかに論理矛盾です。

     論理矛盾でも現実に相場はそうなったわけですから、その原因・理由を考えておく必要があります。

     とにかく「円が急激に買われた」ということは事実です。円の買い手として、日本企業の円の引き揚げ(「リパトリ」と言われるものです)が言われたのですが、損保会社にせよ、事業会社にせよ、日本企業が海外資産を売却して円を回収したという証拠はなかったと伝えられています。

     円を買ったのがどういう人たちだったのか、は今後はっきりして来ると思われますが、いずれにしましても、これだけの未曾有の災害を受けても「自国の通貨が売られなかった」ということは、今後の日本経済にとってきわめて強い優位点となると私は思っています。具体的に、これから日本が復興のために何か外国からモノを買うという時、円高であれば有利な買い付けができる道理です。

     円高の要因の根本的な理由は、「日本が膨大な対外純資産を保有している」、「日本は海外からの借金が少ない」ということにあろうと私は思っています。例えば、海外の誰かが日本に多額の資金を貸していたとしますと、こうした事態が起きればその貸している金を回収しようとしたでしょう。そうなれば、円高ではなく円安になっていたはずです。

     それから、おそらく「日本円は準基軸通貨化している」ということが言えるようになっているのではないか、ということも思います。米ドルは基軸通貨ですが、円もドルほどではないが基軸通貨となっている。災害によって円の供給が滞るとなれば、円を調達しなければならない、ということで、円を必要とする人たちが一斉に円の調達に走った ⇒ 急激な円高になった、ということが起きたのかもしれません。基軸通貨としていろいろな「決済」に日本円を必要とする人たちが世界中で増えている、ということかもしれないということです。

     今後を見ますと、リビア情勢も緊迫化していますし、相場は変動度の大きい局面が続くと思います。ポジション管理に気を配りながら気持ちを強く持って進むことが肝要かと思います。

     災害を受けた地域の映像を見るたびに胸が張り裂けそうになり言葉を失ってしまいます。この大きなショックに対して気持ちを強く持って前に進まねばと強く思っています。皆様も同じお気持ちに違いありません。自分にできることに最大限の力を投入すると心に決めております。
    コメントする 2011/03/19 11:22

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可