スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:原風景を歩く(O.C.)


    奈良県大宇陀市の又兵衛桜、戦国時代の豊臣方の武将、後藤又兵衛の屋敷跡に咲いていることから又兵衛桜の名がついたそうですが地元では、本郷の滝桜と呼んでいたそうです。
    石垣の上から滝のように花が咲いてくる様子はまさに滝桜にふさわしい姿、周囲を圧倒する迫力もあります。
    残念ながら近年は周辺が整備されすぎて風情が無くなってきたと感じるのは私一人では無さそうですが今の姿しか知らない人が増えているのも確かなこと、昔の石垣の前はただ小さな川が流れていただけの姿は土産物屋や売店が写真に入るのを避けるアングルは殆ど決まってしまうのが何とももどかしいところです・・・樹齢300年とも言われているこの桜を維持管理するには地元の方々の努力も大変だと思いますが急ごしらえの売店や川の中にまで菜の花が植えられているのはどうかと思います・・・。
    コメント3件を表示する 2011/04/14 05:56

    原風景を歩く(O.C.)のイメージ

    原風景を歩く(O.C.)

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可