スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



  •  先週結論のコメントとして、「大型株、優良株グループでは、トレーディングチャンスはあるのだろうけれどもポジションを大きく取って行こうというような相場ではないのかもしれない、しかし、小型株・新興市場株ではけっこう動くものが出るかもしれない、というのが今週なのかもしれません」と書きました。

     先週一週間の指数の騰落を見ますと、

    日経平均 9591円 ⇒ 9682円 +0.9%
    ジャスダック 1227円 ⇒ 1239円 +1%
    マザーズ指数 436ポイント ⇒ 455ポイント+4.4%

     となっていまして、日経平均(大型株、優良株グループの指数)はほぼ横ばい、マザーズ指数はそこそこ大きな上昇、となっています。個人資金が中小型株、新興市場株に流入したのではと思わせる動きです。マザーズ指数は8日連騰となっています。

     個別銘柄の週間上昇ランキングを見ますと、先週は日経225の構成銘柄で2桁の上昇率を示した銘柄はひとつもなかったのですが、ジャスダック銘柄では一週間で10%以上上昇した銘柄が72銘柄、マザーズでは30銘柄ありました。

     確かにやや投機的な個人資金が個別銘柄をターゲットとして流入しているようです。

     「全体としてポジションは控えめにして中小型株、新興市場株に狙いを定めてトレーディング買い指向」ということを現時点の対処方針としていいのかもしれません。

     ただ、個別銘柄のトレーディング買いを狙うというのは言うのは簡単なのですが、成果をあげるのはけっこう難しいものです。要するに短期で株価が上昇する銘柄を当てるという話ですから難しいのは当然です。短期上昇銘柄を当てに行くなどはある程度の期間を考えれば無駄な努力に過ぎない、とする市場関係者も多いほどです。

     常に短期上昇銘柄を当てに行くことだけが目標、という相場対処であれば確かにそうかもしれないという気が私もします。状況によっては虚しい努力という感じもします。

     しかしながら、相場の状況状況に応じて妥当な対処を考えるとそういう時もあるのだろうなということは思います。もっと大きなポジションを取って、しかもマーケットのど真ん中という銘柄に注力して、という局面もあるわけですが、そういう時ばかりではありませんので。

     株価水準が株価水準ですから、今は悲観的になって持ち株を減らすべきだと言うこともないと思いますが、根っことして保有し続けている銘柄を保有継続する、というのは別にして、買いポジションを大きく増やす時でないことは確かなように思います。

     また、指数先物の買い建て玉を増やすと良い、とか、コールオプションを買うと良い、という時でもないでしょう。

     せいぜい、個別銘柄の短期的な上昇を狙おう、という局面なのだろうな、という気が大いにするのです。
     
     とはいえ、先ほど書きましたように、短期上昇の銘柄を当てに行くのは容易ではありません。今ですと、個人資金の買いに期待するという観点から「どちらかと言えば中小型株、新興市場株」、現在の状況からして「代替エネルギー関連、とか、復興需要関連」といった材料のありそうな銘柄、あるいは企業業績が好調な銘柄、といったことがキーワード的に思い浮かぶのですが、個別銘柄となりますとどんぴしゃは難しいものです。

     短期上昇銘柄は得てして企業内容に疑問といった銘柄も多いものです。確かな材料でこの銘柄を買う、といった対応も良いのかもしれませんが、私はそうしたやり方をお勧めする気にはなりません。

     企業内容から見て株価が割安で株価も足もとでは動きが鎮静化している、あるいは鎮静からちょっと動き始めた、といった銘柄を買う形でトレーディングを組み立てる方がお勧めです。

     そうした意味で、先週、ウェルネット2428、ウェブクルー8767、カネコ種1376、富士通BSC4793、西尾レント9699、Vコマース2491といった小型銘柄を例示したのです。これらの銘柄の先週の値動きは以下のようになっています。

    ウェルネット2428  48950円 ⇒ 54700円
    ウェブクルー8767  98000円 ⇒ 116000円
    カネコ種1376    736円 ⇒ 755円
    富士通BSC4793  748円 ⇒ 745円
    西尾レント9699   716円 ⇒ 703円
    Vコマース2491   22000円 ⇒ 23250円

     トレーディング買いということですから、思惑通りに上昇すれば利食い売却、損切りラインに達すれば損切り、といった対応をすれば良いということになるのですが、上記の値動きを見ますと中にはうまく行くものもあるな、という感じです。

     今週も同じような相場対処で良いのではないかという気がしています。日経平均はボックス内の動きに終始して、中小型、新興市場中心に個
    コメント1件を表示する 2011/04/24 12:51

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可