スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス



    和布刈神事は宇龍港の権現島に鎮座する熊野神社で行なわれ、初めて訪れました。
    神事は浜辺から権現島までの間に5隻の船が大漁旗をなびかせて並び、神主の渡島を待ちます。
    神主が箱めがねで新しいワカメを刈り上げます。
    選ばれた若者が寒中の海へ飛び込んで参道になる船板を支えます。
    その上を神主や地元の代表が乗り込んで権現島に渡ります。
    神前にワカメを備えて豊漁を祈願します。

    このような写真はどうしても記録写真となりますが、どのような点に注意して撮影すれば良いかご指導をお願い致します。
    ①桟橋を支える若者
    ②鳥居前で柏手を打つ若者
    ③寒中の海に飛び込む若者
    ④泳ぎ帰ってから撮影に応じる若者
    ⑤神主を島へ渡す手伝いをする船頭
    コメント1件を表示する 2012/01/30 09:53

    原繁先生の写真上達指南のイメージ

    原繁先生の写真上達指南

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可